ナレーターあるある。わー悲惨だな悲惨だなー。こんな原稿が来たら凹むぜっての!!の巻

テレビの原稿って

どういうものかっていうと、、、、

まあ実物を見せてもいいんだけど

「大人の事情」があるんで

ちょっとぼかしかけないとマズいだろうから

こんなんでごめんね〜〜。

まあ、↓↓↓ だいたいこんな感じなんだ。

これは標準的なテレビ番組の原稿のスタイル

f:id:ThePowerOfVoices:20190404225809p:plain

番組特定するなよー!!!っていっても見りゃわかるか?

がっ〇り〇〇デーだけど、、、文字は見えないよね?

ならよし。

で、

ちょっと解説すると、、、、

f:id:ThePowerOfVoices:20190404230559p:plain

こういう感じ。

これは民放の標準的なスタイルだよ

非常にスタンダード

実に標準的

さすが、おりこうさんのTBSらしい原稿だ。

よくできましたパチパチパチ

f:id:ThePowerOfVoices:20190405001924p:plain

まあ日テレでもフジテレビでも

だいたいこんな感じよ。

そらあんた、

フジテレビだからヤサグレた原稿とか(笑)

朝日放送だとポツンとしてる原稿とか(笑)

そんなのねぇよ(笑)…ないけど

f:id:ThePowerOfVoices:20190404235403p:plain

あったら面白いな。あははは

まあもちろん冗談ですけど。

フジテレビもABCもきちんとしてますよ

いたって普通

そういえば、、、っと

おー、あったあった。

めちゃイケは手書きが多かったな。

こんな感じ

f:id:ThePowerOfVoices:20190404234452p:plain

ワシはこの手書きが好きだった。

今はワープロ、、、パソコンできちんと

書かれた原稿がほとんどだが

昔の手書きの原稿は

ミミズがのたくったような

きたねー原稿がたくさんあった

でも

それが、、、よかったんだなー

というと、↓↓↓ こういうのは、どう???って?

f:id:ThePowerOfVoices:20190405002348p:plain

いやいやいや、いくら手書きが良いって言ってもさー

そんな汚い原稿は読めねぇだろう?…ってか

文字になってないし

f:id:ThePowerOfVoices:20190405002526p:plain

いやいやいや、旅に出ます!って

坂口征二の失踪かよ!

って、それいうなら「人間不信」だろ?

f:id:ThePowerOfVoices:20190403232733p:plain

※ 文末の解説を参照

すまん、プロレスファンにしか分からない

話になってしまった。

f:id:ThePowerOfVoices:20190405003123p:plain

だから、無表情にラリアットすんなって!アホ

f:id:ThePowerOfVoices:20190405012833p:plain

えーっと、例えば、、、

NHKなんかは、独自のスタイルがあって

民法とは全然違う原稿を持って来ます。

えーっとね、、、ちょっと今手元にないので

口で説明すると、、、

うーんと、なんでもかんでも

全部書き込んであるの。

ナレーターが読む原稿以外に、

ここで場面が変わる、とか

ここでBGMが変わる、とか

ここで、効果音が入る、とか

細々とした情報

ぜーーーーんぶ書き込んである。

またいつかNHKで番組やったら
アップするね。

ちゃんとボカしてね(笑)

安心してねNHKちゃん!

で、↓↓↓ これはあるDVDを作った時の原稿なんだけど

タイムが書いてないの、、、わかる???

f:id:ThePowerOfVoices:20190404225550p:plain

これ、、、上の数字は

段落の番号が打ってあるの

81N、82N、83N、、、、、

81番目のナレーション、82番目のナレーション、

という意味ね。

タイムが書いてないと意味ないじゃん!

って言いたくなるけど、、、

まあ、タイムが書いてなくても

プロだから、やるときゃやるけどね。

まあ、正直ちょっとやりにくいかな?

そうそう、

こういうナンバリング(段落の順番付け)は

NHKもよく使う手法。

もちろん、全部!なんでんかんでん

書き込んでくるNHKちゃんは

このナンバリングだけじゃなく

それ+タイムも書き込んである。

正直、、、あんたら(NHK)

そうしないと先輩ディレクターから

怒られるってのがあるんだろうけど、、、

几帳面やねーって思うよ

あ、そっかタイムって分かんないか?

これ ↓↓↓ こういう風にタイムがついてるの。

正式にはタイムコードっていいます。

f:id:ThePowerOfVoices:20190404232949p:plain

TCって略すことが多いね。もちろんこのタイムコードは放送するときは消えてますので、みなさんの家庭のテレビには出て来ません。

近年、こういう横書きスタイルの原稿もあるんだな。

f:id:ThePowerOfVoices:20190404232204p:plain

この原稿の、、、黒っぽく網掛けしてある行は

前の原稿でいう「ON」と一緒で

インタビュー受けた人がしゃべっていたり

出演者がしゃべってる部分。

黒くない部分をワシが読んでいる。

そういやさー、

昔はこういう横書きの原稿を出したら

ぶちぎれる!ベテラン声優の方がいてね

コラーー!!!日本語ってのは縦書きだ!

貴様ーっ!!

そんなことも知らんのかー、この野郎!

根性叩き直しやる、とか絶叫して

ディレクターに

ローリング・ソバット かましてたな〜!

f:id:ThePowerOfVoices:20190404234750p:plain

初代タイガーマスクかよ!(笑)

佐山(聡)さんかよ、もう!

人蹴ってるわりに表情なさすぎだろ?

ま、ちょっと話を盛ったけど

スタッフ殴る声優とかいないっすよ(笑)

でも、そういうことで

ブチぎれる大先輩 とかが

たくさんいたんだよ。

殺伐とした時代だった!

むかしは現場に 殺気 があった。

どうして現場に血が流れるんだ!

f:id:ThePowerOfVoices:20190405014517p:plain

     また盛ってるだろ?青島刑事? 

で、ここからが、、、本番

 え、まだ本番の話じゃなかったん?

悲惨な原稿、、、、こんなの見たら凹むってば、もう!

f:id:ThePowerOfVoices:20190405011337p:plain

よーく、よんで欲しい。

f:id:ThePowerOfVoices:20190405010056p:plain

何が悲惨なのか?わかる??わかる??

お分かりいただけだだろうか?

お分かりいただけだだろうか?

お分かりいただけだだろうか?

もう一度、熟読して欲しい

f:id:ThePowerOfVoices:20190405010056p:plain

f:id:ThePowerOfVoices:20190405011249p:plain

今度は赤ペンで、、、、、

f:id:ThePowerOfVoices:20190405010446p:plain
 

お分かりいただけただろうか?

4秒で、、、たった4秒で

こんな四行も 読めるか!!!

物理的に 読めるか!!!

読めるか!!!

読めるか!!!

読めるか!!!

後半も、たった10秒で

こんなにたくさん読めるか!

こんなにたくさん読めるか!

読めるか!!!読めるか!!!

読めるか!!!てめえ!!!

まさか、こんな原稿書いてくるディレクター

いないって思うだろう?

思うでしょ?

いるんだなー、これが!

いるんだ、これが!!!

あああ、阿藤快さんに言ってもらいたいよ、

このセリフ!阿藤さーん!

こーんなクルクルパーの原稿を書いてきて

4秒以内に入らないと、、、、

ってか絶対、入るわけないけど、、、

そしたら、アーンタ

「舌打ち」とかするんだぜ!

f:id:ThePowerOfVoices:20190405013232p:plain

マジで舌打ちしやがった。

どんだけ偉いんだ???

なんだお前は?なんなんだ???

お前のことだぞ、U!(仮名)

f:id:ThePowerOfVoices:20190405080129p:plain

    お前だよ! U!!! 

すぐにその劣悪な性格直せ!

わかったか!!!

このタコ 🐙

あら? なんか愚痴になっちゃった(笑)

きゃーー ( ´ ▽ ` )ノ ♡

おしまい

終了

※ 坂口征二の失踪

1983年(昭58)IWGP決勝戦でハルク・ホーガンにアックスボンバーをくらいリング下に転落、失神KO負けをしたアントニオ猪木だが、気絶してピクリとも動かなくなった猪木に選手たちは動転、観客たちも騒然となった。その模様はTVでも放送され、多くの視聴者が猪木に万が一ことがあったらと心配した。しかしこの失神・気絶の大騒ぎはA猪木が世間を騒がすために仕掛けた壮大なる「演技」だったと言われている。必死に介抱し、事態収拾のため奔走していた坂口征二氏は、後にそれが猪木の勝手な演技?だと知るや「人間不信」の書き置きを残して新日プロから失踪した←という有名な事件。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。