めちゃイケ…他と全然違うナレーション原稿

まあ、勢いだ

こうなったらめちゃイケのナレーションの話をしよう。

3回も連続してめちゃイケのネタで恐縮だが、おそらくタイムリー

なんで、お読みになってる皆さんの興味もそちらにあるだろうから

ご容赦いただきたい。

端的にいうと、めちゃイケのナレーションは他の番組とは全く違う。

文字数がまったく違うのだ。

文字数が、めちゃ×2多いのだ

もお〜〜あーた、ケタ違いに多いんよ、コレが。

文字をギュギュ〜、ムンギュ〜、って詰め込んでさらに体重かけて押しつぶして、

すこし凹んだところに、さらに盛って、超パンパンになったところに、ダメ押しで

さらにちょい足して、表面張力でギリギリにいっぱいになった「原稿」をそっ〜と

こぼさないように持ってきて、「はい、読んで」と来るんじゃーー‼️‼️

うん、我ながら「正しい」表現ができたと思う。ハァー、ハァー、ハァー、

心情描写としては、まだ言い足りないくらいだっちゅー、ほんとに。

特に片岡飛鳥っちゅう人はこのエキスパートなのだ。

あの人は言いたいことがいっぱいあり過ぎるのだ(笑)

あふれんばかりのお笑いへの情熱で脳からドーパミンが「どっぱどっぱ」出て、

それがみなぎったまま原稿書いて来るから、、、(あ、俺今スゴイことを言おうとしてる

けどいい? 知ってた? めちゃイケって監督自らが原稿書いているんよ、実は。

普通は放送作家の方が書くのね。)

で、で、で、元に戻るけど、それで、こんなギュ〜ギュ〜でパンパンの、熱い、ヤケドを

しそうな原稿が来る、という訳なんだよ。

わはははは、、、バラしてやったぜ〜

これを見た芸人諸君!!

安心したまえー!!!

飛鳥さんは芸人だけに「サド」なのでは無いんだぁーーーー

ふつう、、、まあ、ふつう

放送のアナウンスメントでは、そうさね、一分間に300文字とか言うけどね、

特にNHKはね。1分300文字…ひとつぶ300mみたいなね、感じ。

あ、また脱線するけどさ、皆さんが会社のプレゼンとか

結婚式のスピーチするときは

大体、一分間に300文字くらいのペースがいいんよ。

まあ、最近の若い女子アナなんかは妙〜に器用なヤツがいっぱいおって、

1分に350文字〜400文字くらいは喋ってるのがゴロゴロおるけど?

で、めちゃイケは

片岡飛鳥がドーパミンMAXのときは

本気で彼が最強の原稿を書いて来たときは

さらにその「倍ばーい」!

篠沢教授に全部!!!ドン

うぁーーーーーうぁーーーー親父ギャグいうてもうた(笑)

やで、ホンマ。

「倍」バーイ、、、って博多弁じゃないとゔぁい(ちゃま語)

うぁーーーーうぁーーーーまたいうてもうた(笑)

マジで、一分間に600文字(近く)で原稿書いて来るから

鉛筆から火が出てるってーの。

もう、こっちの舌もオーバーヒート。

本当に文字通り汗だくで原稿と格闘ですよ〜。

その絶頂期のVTRが今もうないけどさぁ

最近は、ちょっと優しくなったかな???

多分、ワシらの上の世代の人たちだったらあの原稿は許されないだろうね。

こんなに詰めて書いたら伝わらないぞ!ってズッタズタにされてたと思う。

それがさ、、、それがよ、

テレビ番組であんなに詰め込んでも、

「げっ、伝わるんだ」!!!

という革命をおこしちゃったのよ。

片岡さんは。

伝わったのよ。

勢いだね❤️

あーーーくそ、これから面白い話になるんだけど、

もうこれ以上は文字で伝えられないな。もう眠いし。

寝るけん。

また次回でしゅ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。