【またワイドショーが】…な、だからこそ語ろうぜ‼️11月場所の頑張った力士達を、名勝負を!😋😆😎【やってるよね〜】

多くの人がそう思ってるでしょうが、ちょっと今回の相撲スキャンダルの引っ張り方は、

し・つ・こ・い

横綱日馬富士の引退、白鵬に厳重注意、貴乃花親方と協会のバトル、

事態は深刻なので追っかけたいのは分かるが、「またか?」ってくらいソレばっかだね。

まーたやってるよ。 数年前まで見向きもしなかったのにね(笑)

ま、だけどさ!

相撲を愛するみなさん‼️ 思い出しても見てくれ。すごかったじゃないか、先場所は。

ワシは、いくつもあった質の高い取り組みに「唸った」ぜ っての。

胸のすくような相撲がいくつもあったよ。

若い力士では、

北勝富士(ほくとふじ)11勝4敗  毎日闘志あふれる土俵で本当に感動した。

貴景勝(たかけいしょう)11勝4敗 口の中を9針も縫う怪我をしながら毎日

気合の入った相撲を見せた。大した男だ。

阿武咲(おおのしょう)、序盤6連敗もしたが、ど根性でキッチリ勝ち越した。

みんな闘志むき出しでデッカい上位陣に向かっていく。

日本の相撲に希望が見えるぜ。

ベテラン勢では何と言っても

安美錦(あみにしき)! 39歳で幕内に復帰という偉業を成し遂げて

8勝7敗、勝ち越しよ(笑) これ、ほんと痛快よ。

隠岐の海(おきのうみ) 惚れ惚れする和風体型の力士がひさびさの大勝ち11勝4敗

そして嘉風(よしかぜ)。

負け越したけど横綱白鵬を一気に寄り切り。グーの音も出ない負け方に

横綱ともあろう人が土俵下で抗議するという醜態さ。

いやはや、これも痛快。

ちょっと前まで人気だった

石浦(いしうら)や宇良(うら)といったアスリート型スポーティ力士が

カスんじゃうくらい「伝統的・アンコ型力士」の連勝に湧いた。

御嶽海(みたけうみ)、正代(しょうだい)、遠藤(えんどう)もよかった。

そうそう玉鷲(たまわし)もここ最近強いな。

まだまだ言い足りないけどサ

どう? 相撲好きの人はこれ読んでるだけで

目を細めて「うんうん、そうそう」って唸ってるだろ?

相撲あんまり詳しくない人でも

ググりやすいように読み仮名をつけておきました。

もしかしたら、取り組みが見られるとか?見られないとか?

ウフフフ、知らんけどググってね。

ワシも好きだねェ〜 福岡まで行ったぜっての、アハハハ。

せっかく頑張った力士たちの素晴らしい相撲に

乾杯しようぜ!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。