ちびまる子ちゃん新ナレーター第一回目放送終わって

未分類

ちびまる子ちゃん新ナレーター第一回目放送終わって

 

もう放送時間の30分間ずっと緊張でした。

怖くてネットを見ることができませんでした

 

 

f:id:ThePowerOfVoices:20210405163214p:plain
自作特大マスクケース

 

前回も述べましたが、

ちびまる子ちゃんのすごいのは

私が1回目だろうが100回目だろうが

同じスタンスで仕事を要求されるということです

 

1回目だから、台本を読みやすいセリフにしてあげよう

 

とか、そういう遠慮は一切ありませんでした。

プロの世界の厳しさ

f:id:ThePowerOfVoices:20210405164950p:plain
私にとっての第一話’(1282話)

 

当たり前ですがプロの世界は厳しいです

 

私にとっての第一話の締めのセリフは

 

「きっと見送られるより、見送る方が

ずっと寂しいのではないかと思う

お母さんなのであった」

 

でした。

 

 

こんな難しいセリフ!いきなり無理ですよ

 

 

スタジオで泣きそうになりました

でも、本当に音響監督の本田さん

スタッフのみなさんが熱心にご指導していただき

なんとか録り終えることができました

オンエアーが終わって、、、汗だく

f:id:ThePowerOfVoices:20210405165444p:plain
ひゃー、怖かった

友達の家でオンエアをみた

直後の表情、、、

 

 

まだまだ勉強ですね 

 

 

ちびまる子ちゃんは本当にすごいアニメなのであった。

 

 

そしてそして、、、もう一年も前から準備していたのですが

 

今回の就任を記念して、私、人生初の電子書籍『声の魔力~Power of voice~』を執筆しました。

 

f:id:ThePowerOfVoices:20210401095239p:plain

 

ナレーター歴30年の集大成を詰め合わせた一冊となっております。

ナレーターや声優さんなど声のプロの方はもちろんの事、学生さんから新社会人まで、日常生活で声を使っている人みなさんに向けて、「声で人生を変えていただきたい!」という思いで執筆いたしました。

 

今なら1,000名様限定で【無料】配布中!

 

下のリンクから受け取れますよ~~!

gr.onhapi.com