なぜ?そこを注意されるのか?悩んでいる君へ

未分類
なぜ?そこを注意されるのか?悩んでいる君へ

 

 

プロの発声を学ぶ者は、あるレベルに到達するまで、なぜこの発音を注意されているのか?

それが分からない。

そして悩むことになる。

そういうものだ。

それが普通だ。

私も22〜23歳の頃そうだった。

 

今の「お弟子さん」達の中にも、

なぜ直されているのか?どう自分を修正していいのか?

分からずに悶々としている者たちがいる。

 

遠い昔の自分を見るようで、思わず、その気持ちはわかるよ、と言いたくなる。ま、言ってるんだがね。

 

ナレーション・アナウンスメント・声優の演技、それらは全てにおいて、言われて直ちに出来る!なんてことは絶対にない。

例えば、いきなりピアノのど素人がベートーベンやモーツアルトをグランドピアノで弾けないように。

ギターを持ったことない人がいきなりエリック・クラプトンやエディー・ヴァン・ヘイレンになれないように。

 

【練習が必要なのだ】だからお稽古しなさい。←これしかない。

 

ただ厄介なのは、

なまじ自分が声がいいと思ってる人は、普段人からいい声ですね〜とか褒められているので、

なぜ褒められないのか?どこをどうしたら注意されなくなるのか?

分からなくなって迷宮に迷い込む。

 

ああ、落胆するな!未来の声のプロ達よ。

残念ながら、その『冬』の時期は必要なのだ。

誰もが通る道なのだ。

今は耐えて稽古に励むしかないのだ。

簡単にいうとプロだとそれは全然ダメだということなのだ。

ようやく「お弟子さん」たちのほとんどにそれが分かってもらえるようになった。

練習は楽しいかい?と尋ねると、ほぼ全員、楽しいです!と言ってくれるようになった。教える側としてとても喜ばしい。

 

しかし、、、、その分かったというのは、実はまだ全然分かってないレベルなのだ。

ヌフフフフ、笑笑www

 

 

私の現場に来て、スタジオで、いやアナブースで私が喋っているのを実際に見たとき「納得」がいくだろう。

ソレが「分かった」の第一歩なのだ。

ナレーション収録現場を公開しているプロは、そんなにはいないだろう。

私も「弟子」にじゃないと見せる気はない。

だから誰でも連れては行けないのだ。

日本のトップクラスのナレーターが、「弟子」をスタジオに連れて行って、実際の収録現場を見せるのだ。

 

我が事で恐縮だが、非常に貴重な機会と言える。

 

耐雪梅花麗
(雪に耐えて梅花麗し)

 

 

諸君!マスクの下で滑舌を磨き上げるのだ!!!

 

#木村きょうや #プロ養成塾 #ナレーター #アナウンサー #声優 #ちびまる子ちゃん #格付けチェック #声のプロ #発声 #滑舌