吉田拓郎のスゴさをどうやったら今の若者に伝えられるんだ?(再編集中)

吉田拓郎 コンサート 2019 -Live 73 years

拓郎さんのコンサートツアーが5月23日から始まった。ライブで歌っている拓郎さんの姿を見るだけで感動してしまう。

http://www.ty-information.com/LIVE_2019.html

吉田拓郎!喉にガンだった!と発表されたのは…春だったね。(3月25日)

この記事はその時に書いたもの。今コンサートツアーで歌っている拓郎さんに深い敬意を込めて「なぜ吉田拓郎がすごいのか?」を再掲載してみます。まだ編集中でバラバラです。すいません

f:id:ThePowerOfVoices:20190406171544p:plain

うあー、大ショック、もう

大大大大大大大 ショック!

でも完治したので、ラジオで告白。

妻:森下愛子に涙で感謝 💧

なんちゅー泣ける話やないかい!

しかも拓郎さん本人も涙声になっとる(泣)

人前で涙なんか滅多に見せない拓郎さんがラジオで泣いている、、、、

でも、よかった、、、

ホッ、、、、

f:id:ThePowerOfVoices:20190401082129p:plain

とこんなにワシがショックで狼狽しているというのに、、、

 ショックで狼狽しておるというのに!!

まわりのスタッフ(20代、30代)が

まーーーーったく

シーーーン?

シラーーー!?

状態だ。

f:id:ThePowerOfVoices:20190329202738p:plain

そのシラケっぷりをイラストで再現すると、、、

こんな感じだ!

f:id:ThePowerOfVoices:20190328181223p:plain

こら〜!!!

こら〜!!!こら〜!!!

こら〜!!!こら〜!!!こら〜!!!

吉田拓郎だぞ! 吉田拓郎! 吉田拓郎! 吉田拓郎!

吉田拓郎だぞ!

どうなってるんだ?お前たちー (*≧∀≦*)

f:id:ThePowerOfVoices:20190328181401p:plain

ワシは泣くぞー、もう!!

これが、

いわゆる世代のギャップというヤツか?

f:id:ThePowerOfVoices:20190329211029p:plain

まあ、ワシと同い年(今年54)

でも「吉田拓郎ファン」というのは

あんまりいないからな、、、

しょうがないと言えばしょうがないかも知れない

大体ワシらの同い年はサザンとか、佐野元春、

いわゆるニューミュージック全盛の80年代だ。

女子は圧倒的にユーミンが好きだ。

こないだはレベッカの大ファンに

NOKKOさんのライブに連れて行ってもらった。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330061849p:plain
ま、そういう世代だ。

若い奴らが吉田拓郎を知らなくても

仕方ないかも知れん

そうだ、いい機会だから

f:id:ThePowerOfVoices:20190315222233p:plain

これは 伝えずにはいられない!

いかに吉田拓郎さんがスゴい人なのか!

ちょっと語るから、そこに座りなさい。

f:id:ThePowerOfVoices:20190329063843p:plain

こらお前!!! ハシ置け!ハシは!

まず、ヤング諸君に

ものすごく分かりやすく、

ものすごく分かりやすく、

ものすごく分かりやすく、

吉田拓郎さんの「偉大さ」を説明する!

今、君たちが好きなミュージシャン、いるだろ?

いるだろ?いるだろ?いるだろ???

いるだろ?いるだろ?いるだろ???

そのほとんどは吉田拓郎ファンなのだ。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330075615p:plain

そうなの?そうにゃの? そうにゃの? 

今、ミュージシャンのトップ中のトップ

レジェンドとして崇められているスーパースターたち

例えば、、、、

長渕剛、桑田佳祐、浜田省吾、The ALFEE、 奥田民生、などなど

この人たちはみーーーーーンな吉田拓郎ファンなのだ

f:id:ThePowerOfVoices:20190329230026p:plain

        どうじゃー! 

長渕剛さんが拓郎ファンだったことは

有名だから、知ってる人も多いだろう。

f:id:ThePowerOfVoices:20190329192254p:plain

必死で描きました by 木村きょうや

事務所(ユイ音楽工房)は一緒だしもう、

一時期は「弟分」と言ってもいいくらいの存在だった。

愛知県篠島(しのじま)で行われた

吉田拓郎アイランドコンサート(1979年)で、

長渕さんは、一部の観客から

「帰れコール」を受けてしまう。

このことは長渕さんの屈辱の思い出となり、

折に触れては思い出し

頑張ってきた「屈辱のバネ」となった。

長渕さん自身

「あのステージがなかったら今はなかった」

と話している

この人も、拓郎ファンだ!

f:id:ThePowerOfVoices:20190329193710p:plain

下手だな〜でも必死に描きました by 木村きょうや

桑田佳祐さんに至っては「吉田拓郎の唄」

と言う歌まで作っている。

歌詞の内容は、ちらっと聞くと

拓郎をディスってるようにも聞こえるが、

そうではない。

影響を受け溺愛していた

吉田拓郎の音楽から離れ、距離を置き、

自らのオリジナルの音楽を作る

ことを「宣言」している唄だ。

実際、このお二人(拓郎さんと桑田さん)は

一緒に飲みに行ったこともあるという。

二人で飲んだ時、桑田さんは

「Hava a nice day(フジカラーのCMソング)」

 という曲が大好きだったと〜それを拓郎さん本人に伝えている。

それから、どうだ!こんなスーパースターも拓郎ファンだぞ。

浜田省吾さんだー、、、クゥ〜

f:id:ThePowerOfVoices:20190329201850p:plain

だいたい同じ広島県出身だし、
同じ広島フォーク村出身でもある。

直系の後輩ということになる。

実際、浜田省吾さんは「愛奴」

というバンドを組んでいたのだが、

そのバンドで、吉田拓郎ツアーの

バックバンドをやっていた。

あ、広島といえば、この人じゃん。

奥田民生さん

f:id:ThePowerOfVoices:20190406080556j:plain


なんと拓郎さんと高校まで同じだ。

広島皆実(みなみ)高校の後輩

吉田拓郎トリビュートアルバムの一曲目を歌う

筋金入り広島直系のファンだ。

そして、彼ら。↓↓↓↓ これはアルフィーではない。

f:id:ThePowerOfVoices:20190406083445p:plain

むむむ、タカミーが目が難しくてサングラスにしてしまった。

彼らは「ビートボーイズ」という

もちろん中身は「アルフィー」なのだが

まだアルフィーとしてそんなにブレイクしてない頃

ビートボーイズは吉田拓郎のメドレー曲

ショック!!TAKURO23

という作品を作って話題となった

https://www.youtube.com/watch?v=Q_1sX0y98fY

そして拓郎さんのラジオ番組に出演

f:id:ThePowerOfVoices:20190330010244p:plain

ビートボーイズの出演は超オモロかった。

ワシも聞いてて爆笑した。

特に「ベースの弾き語り」というのは

大爆笑した記憶がある

この回はかなり話題を呼び、リスナーからの

反響の手紙やハガキがたくさん届いた。

それからしばらくして

アルフィーは大ブレイクしていく。

フォーク界の貴公子から、時代を代表するシンガソングライターになっていく吉田拓郎。

拓郎さんはもともと「フォークソング」という若者たちの間で流行っていた世界から出て来た人だ。そのフォークの世界の中では、売れているんだけどどちらかといえば日和見的な歌手としてみられていた。反戦ブーム、ベトナム戦争反対、の時代のことである。

まず大きな伝説となったのが「中津川フォークジャンボリー」1971年。話によると最初は100人足らずの客の前で吉田拓郎と六文銭は「人間なんて」をやりだした。吉田拓郎という人はフォークシンガーであるがもともと広島で米軍基地を回ってリズムアンドブルースやロックのナンバーを演っていた人なのだ。

ささやくように、しんみり歌うフォークソングとは違い、全身全霊でシャウトする吉田拓郎にみんな度肝を抜かれた。もう完全にハードロックのライブと化していた。

100人足らずだった歌の輪は次第に広がってサブステージは収集がつかなくなる。そしてなんと2時間近く「人間なんて」を熱唱して、吉田拓郎たちはステージにぶっ倒れた。

拓郎伝説の始まりである。

そしてその年1971年にはアルバム「人間なんて」が発売される。さらには深夜放送パックインミュージックもスタート。さらにはシングル「結婚しようよ」が大ヒットし、若者だけでなく一般の人も吉田拓郎を認知し始めるようになる。

この頃、拓郎さんの登場によってフォークソングは、全くそのイメージが変わってしまった。

それまでの「暗い」こんな感じのイメージを

f:id:ThePowerOfVoices:20190330030603p:plain

f:id:ThePowerOfVoices:20190330031023p:plain

このくらいに!

変えてしまったのだ。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330031056p:plain

当時、ボサボサの長い髪だった他のフォークシンガーと違い、吉田拓郎は「ウェラ」のシャンプーを使っていたという!

CBSソニーに移籍。伝説のアルバムを次々とリリース。若者たちの青春と完全にシンクロしていく。

この頃CBSソニーに移籍して吉田拓郎が発表したアルバムは、今でも日本の音楽史の中で色褪せない輝きを放っている。

元気です。1972年

伽草子(おとぎぞうし)1973年

今はまだ人生を語らず 1974年

この3枚のレコードには、たくさんの拓郎ヒット曲が入っており、これらの曲によって人生を変えられた人もたくさんいるほどだ。そして、スゴかったのは、これらのヒットをテレビに出ないのに連発していたことなのだ。

フォークシンガーが、レコード大賞まで受賞してしまった。

それまで脇道を歩いていたフォークソングだが、吉田拓郎がレコード大賞を受賞したことは世間を騒がせた。曲は「襟裳岬(えりもみさき)」森進一さんの歌で本当に大ヒットした。

  なー、すんごいだろう?

そのほか、芸能界・有名人で吉田拓郎ファンといったら

もうどれだけいるか分からない。

漫画家イラストレーターの

みうらじゅんさん(拓郎がきっかけでロン毛にしている)

同じく漫画家の江口寿史さん

拓郎が好き過ぎて一度漫画描くのを

やめてしまい音楽に打ち込む。

吉田拓郎に心酔する高校生を描いた

自伝的短編「マークII」という作品がある(1985年)

ベストレコードは

吉田拓郎のLP元気です。

有名な拓郎マニア

あ、そうそう! いっけね〜(笑)

忘れてました。 この方がファンなのは有名

f:id:ThePowerOfVoices:20190406090017p:plain
え?

って言ったでしょ?アナタ?

ムフフフ。

そうなんだよ。

さんまさんもファンなのだ

テレビ業界では有名な話だが

スタッフや共演者に

拓郎さんの曲「イメージの詩」

素晴らしさを語ることがある。

そして!なんと!

f:id:ThePowerOfVoices:20190406172407p:plain

あのビートたけしさんも若い頃、

アルバムはよく聞いてた

と昔の番組で言っていた。

こんなにもたくさんの著名人が

拓郎ファンなのである

なぜか?

それは

あの頃吉田拓郎が

日本の音楽を変えた

からである。

フォークソングというのは

ギター一本でしんみりと

かなでる音楽だった。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330071048p:plain

そして、日本の現状、政治への不満、

などを、とつとつと歌い上げる

シリアスな音楽が

フォークだった。

時代はベトナム戦争の頃だ。

いいんだけど、いいんだけど、いいんだけど、

こういう音楽もいいんだけど、、、

「暗い」

f:id:ThePowerOfVoices:20190330070141p:plain

「暗いと」女にモテない!

だろう??

だろう??だろう??だろう??

そんな暗いフォークの世界にいきなり

僕の髪が肩まで伸びて、

君と同じなったら

約束通り町の教会で

結婚しよう!!!MMM♬

f:id:ThePowerOfVoices:20190324061221p:plain

こんなチャラい曲が流れてきた。

当時の反戦フォークにどっぷりだった

若者たちはびっくり仰天!

まるでお花畑のような世界!

しかも可愛いベビーフェイス

女の子たちにもウケるフォークソング

誰でも、聞いて楽しくなる

明るく健康的なフォークソング

それを作った人が吉田拓郎なのだ

もちろんシリアスな歌も歌っていたのだが

それまでの反戦フォークの信者から

吉田拓郎さんは徹底的に糾弾された。

つまり、愛だの恋だのチャラいこと

を神聖なフォークソングで歌うとは

何事だ!

金儲け:つまり商業主義に走った

けしからん商業音楽だ!とね

すごい時代でしょ?

でも、一人で闘った。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330071720p:plain

テレビにも出なかった。

これがカッコよかった。当時は

拓郎流の反骨精神だと思った

でも

ずーっとあとで分かったのだが

一度TV出演をしたとき、

布施明さんに突然怒鳴られた

それに腹が立って、

二度とテレビなんか出るか!

と思ったそうだ。

それを「バネ」として

以来テレビを全部拒否して

頑張ったという

反骨精神じゃなく

個人的恨みだったので、

みんなびっくりした(笑)

f:id:ThePowerOfVoices:20190330072331p:plain

まあ、そういうこともある(笑)

のちに拓郎さんは、

バンドを従えて

ロックさながらの

コンサートツアーを

行う。

これも先駆けでなのである。

まさに、日本に置いて

ボブ・ディランとザ・バンドが

やろうとしたことを

やっていた。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330072521p:plain

pixabayより

1960年代後半以降の若者は、

ほとんど皆んな、若者たちは

多かれ少なかれ

吉田拓郎の歌に

影響を及ぼされたのだ。

みんなの青春の中に

吉田拓郎の歌があるのだ。

Shoes, Walking, Railroad Tracks, Journey, Walk

pixabayより

今でもギターケースを持って線路を歩く吉田拓郎の写真を見ると、そこに「自由」を感じる。見ていて自分も自由に生きてみたいと思う。

おーー、なんと見よ!

お知り合いの方から、まさにそのシーンを送っていただいた。

ありがとうございます。これだ、この写真だ。

f:id:ThePowerOfVoices:20190330170735p:plain

ギターを抱えて線路ぎわを歩く

電車に乗ってどこかに行くのか?

それとも、この街でしばらく過ごすのか?

それは分からない。決めていないかも知れない。

どっちを選んでも自由なんだ。

何をしても自由なんだ。

しばられた生き方なんて

僕たちには似合わない。

とりあえず、音楽があれば、ギターがあれば

僕たちは自由に生きて行くことができる

そんな気分になれた。

1970年代

その風を送り続けたのは

吉田拓郎の歌だった、、、

f:id:ThePowerOfVoices:20190330074759p:plain

 

ってお前らー!!!

誰も聞いてないじゃん 

とにかく

f:id:ThePowerOfVoices:20190330075044p:plain

たぶん、伝わったと思います

みなさん、ぜひ拡散してください。

よろしくお願いいたします

ワシは突然

ショーケンが亡くなって

大ショックなのです。

第7話終了

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。